トップ管理者マニュアル> 管理者心得
このマニュアルは古いマニュアルです。
新しいマニュアルはFC2ヘルプで確認いただけます。

管理者心得

SNS管理者である上で、心構えとしてケース毎に対処法、知っておきたい事、守っておきたい事を以下に挙げます。

ログインパスワードは洩らさない

IDはURLに出てしまっていますので仕方がありませんが、ログインパスワードは絶対に洩らしてはいけません。もし他者にログインされてしまった場合、管理者ページにはユーザーの個人情報が詰まっていますし、ユーザーやコミュニティ削除、果てはSNSごと削除する事も出来てしまいます。

パスワードは厳重に保管しておきましょう。

トラブルが起きるのは仕方がない

オープンなSNSにしている場合、それぞれ知らない人同士が集まる事があります。人が多くなるにつれ、トラブルが起きてしまう可能性は大きくなっていくでしょう。最近、大手SNSのmixiでは「ぼくはまちちゃん!」というチェーンメールで問題になりましたが、mixi管理者は早急にコメントで対処しました。こういった全体に影響を及ぼすようなトラブルにはいち早くインフォメーション等で声をかける事が大切です。

ユーザー同士のトラブルは、一緒になって争うのではなく、管理者は間に入ったりして対処しましょう。場合によってはアカウント削除も可能です。

FC2とあなたが管理人

FC2SNSの管理はFC2がしていますが、あなたが立ち上げたSNSの管理は勿論あなたがします。ユーザーは管理人=FC2ではなく、管理人=あなた、と思うはずですので、不具合などのメールはいつでも受け取れるようにしておきましょう。不具合がFC2によるものだと分かれば、FC2にメールで連絡しましょう。FC2からの返信メールを待ち、状態を随時ユーザーに知らせましょう。

閉鎖?ちょっと待って

個人が運営するブログやサイトの閉鎖は自由。しかし、SNSの閉鎖は個人が運営するそれとは別です。SNSの中ではユーザーが日記を書いたりコミュニティを作ってにぎわっているでしょう。閉鎖してしまうと、それらのコンテンツが全て削除されてしまいます。

閉鎖せざるをえない状態になる事もあるでしょう。それは仕方がありません。そんな場合はすぐに閉鎖せず、インフォメーションで事前に知らせておき、誰か代わりに管理してもらえるかを聞いてみましょう。ずっと任せるのではなく管理が出来る状態になるまで代理管理人を立てる道もあります。

代わりも見つからず、閉鎖が決定してしまった場合は、しっかりとお知らせをし、少し期間をあけてから閉鎖しましょう。

最後に - 楽しんで管理しましょう

上でいくつか挙げましたが、管理者はその時々、ケースバイケースで問題に対処しなければなりません。ここに書いた以外の事はいくらでも起こるでしょう。でもそれらを含め、楽しんで管理しましょう。管理が苦痛というのは耐え難い事ですし、嫌々管理していればユーザーも嬉しくありません。逆に管理者が楽しんで運営すればユーザーもきっと楽しい気持ちになるでしょう。

いつも楽しい雰囲気。そんなSNSを目指したいものですね。